スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズが無くならない理由の一つ

向こうで

「えー!!」 となる 有名な質問と回答 


日本人男性35歳= N

ガールフレンドがたくさんいるケニア人男性33歳= K




N: 「 コンドームって使ってるの? 」

K:  ( にやり と 不敵な笑顔を浮かべ )

   「 おまえ、キャンディーを食べるのに  包みをつけたまま食べるのか?  」


N:  「・・・」 

エイズ漫画


↓ クリック応援をお願いします!! 

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キャンディ云々て…
そんなコト言ってると淘汰されちゃいますよ、確実に。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> JASMEEN さん
>
> お久しぶりです!タンザニアに戻られていたんですね。
>
> 貴重なお話ありがとうございます。
> 当方も直接の知り合いではないのですが、日本人のケースを聞いたことがあります。
>
> 現地での一連の予防関連活動は「援助」という名の下、盛んに関わっているわりには
> 自分の国から来ている人達対象の(日本人の)予防プログラムというものは
> あまり重要視していない印象があります。触れたくない?ような雰囲気も。
>
> 仕事でその国に滞在する人には、その仕事先と在留届を受ける大使館から、
> 観光で行く人には政府から、またガイドブックでももっと強く(書いてはありますが)
> 言う必要があるのでは と前々から感じています。
>
> 変わらない部分もあるのかとは思いますが、
> それでも働きかけることで、
> 少しでも哀しみが減ればと思うところです。

スタブロフ さん

> スタブロフ さん
>
> すみません、いただいたコメント見逃しておりました・・・。
>
> ほんと凄い状況で、見ていて恐ろしくなってくるレベルです。
>
> 少しづつでも・・・いや、そんな悠長なことを言ってる場合じゃなく、
>
> 今すぐに、変わって欲しいと
>
> キャンディーの彼タイプには強く願っています。
プロフィール

コジャック

Author:コジャック
在米14年、在アフリカ7年。
2009年夏に帰国し、
アフリカ人の妻と東京在住。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。