スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかってくる電話は いきなり 「元気?」 (アフリカ ケニア)

今日は、初めてトラックバックに参加してみました。

当方はケニアに暮らしていたのですが、

「びっくりした習慣」 の一つは

以前の記事でも紹介した 電話をとると いきなり誰だか分からないのに

 「 元気 ?」 と聞かれることでした。 

以下、ご紹介。




プル プルー ルー♪  (携帯電話の呼び出し音)

「 ヘロー」 (当方電話に出る)

「ハバリ?」 ( スワヒリ語で“元気か?” )

( 誰だろう・・・ 登録してない知らない番号だし、声わかんないし、

誰だか分からない状態で、いきなり“元気か”って言われても・・・)

反応できずに、少し間があくと、再び

低く響く声で 「ハバリ?」 
 

( だから 誰・・・でしょうか。  )

日本では ”オレオレ詐欺 ” なんていうのがありますが、

まさかそのアフリカ版・・・

そうじゃないにしても、なんかこう身構えてしまいます、相手がわからない電話での会話 って。

「フー・イズ・コーリング!?」 (どちら様ですか?)

「ヘーイ、フレンド 俺のことを忘れたのか!」

(忘れたんじゃなくて、わからないから 聞いてんだ!)

こいうった ”いきなりハバリ”コール、ケニアではとっても多く・・・疲れます。

masai.jpg


聞いたところでは、
ケニア人同士の間でも、じつは、
いきなり 「ハバリ?」 と電話口で言われて
相手が誰だか分からないことって、よくあるらしいです。 (そうだろー?!)

で、どうするの?と聞くと。

「 いやーそういう時は 
とりあえず当たり障りのないように”元気だよ”
とか答えておいてさ
会話が進むうちに誰だかわかるだろ 」  という回答。

は?

「 お前は誰だ? 」って単刀直入には彼等意外と聞けなかったりするみたいです。

こういうところ、アフリカ人って ほんと不思議

「何で聞かないの?」 とか 「疑問に思わないの?」って見ていて思う状況が、よくあります。

変なとこが意外に奥手というか・・・

慣れないことに対しては、かなり受身になりがちな傾向にあります。

「別にいいや」 「流れに任せよう」 っていう感覚なんでしょうか?

とにかく、相手が誰だか分からないまま
特段そのことには触れずに通話を進め、
話しているうちに誰だかわかればいい・・・というのは当方的には (日本人なら皆そう?)
理解し難いフィーリングです。

少なくとも、携帯電話の通話料がもったいないことは確か。

かかってきた電話だから自分は払わないからいいのか・・・

それにしても、いきなり電話をかけて誰かもわからず 元気? 
というのは、
文化というか感覚というか民族性というか、何かが根本的にわれわれとは違う(!)
と感じさせられた出来事でした。 

最初のうちは

「 “スワヒリ語” という使用している言語が、いきなり“ハバリ”となる要因かもしれない」 

とも思っていたんですが、間もなく、そうではないことが判明。

そう、英語バージョンの“いきなりハバリ”コールがかかってきたんです・・・。

プル プルー ルー♪ (携帯電話の呼び出し音)

「 ヘロー 」(当方電話口に出る)

「ハウ・アー・ユー?」 (英語で“元気か?”)

英語版は “いきなりハウ・アー・ユー” です。

「・・・ 。」

答えに戸惑って間が空くと、すかさずまた  低く響く声で

 「ハウ・アー・ユー?」 

(これは・・・お、同じだ・・・ということは言語ではなくアフリカ人の気質が原因だ)

スワヒリ語には”ジャンボ”、”サーサ”(こんにちは)、”ホ-ディー”、”サマハーニ”(すみません) 
などといった最初の言葉として適切な単語もちゃんと存在します。

ちなみに、
アフリカの人たち、”元気か”と話しかけて、
返事が返ってこないと、けっこう不安になるらしいです。

礼儀を知らないアプローチをかけてくるようなやつらでも、
とりあえず”反応”ぐらいは欲しいらしいです。

ナイロビの町を歩いていると、町を浮遊している怪しそうな輩が話しかけてきます。

電話口じゃないですが、こいつらも大抵いきなりハバリ系です。

「オー ブラザー 元気か?」  (わたしはお前のブラザーではない)

「オー マイ フレンド、観光はもうしたか?」 (わたしはお前のフレンドではない)

「オー チャイニーズ ハバリ?、チン チャン チョン ケニアはどうだ?」 

(わたしは中国人では・・・う、うるさい!)

こうして、たくさんのやつらに親しげに話しかけられますが
大抵、何か物を売りつけられるとか、そういった目的です。

はっきり言ってこいつら全員まったく知らないやつらです。
中には いきなり  「俺はお前を知っている」 と譲らないアホもたまにいます・・・。 

当方もちろん   完全無視 
うざいやつら撤退法 の基本中の基本です。

「オーフレンド、英語が話せないのか?」

「・・・ 完全無視、完全無視・・・完全無視・・・完全・・」

(こうやって念じとかないと、ついついのせられて、言葉が出そうに・・・)


では、他の英語圏の国の場合、電話口での最初の1声ってどうなんでしょう?

アメリカでのやり取りを思い出してみます。

確か、こんな風だったと記憶しております。

プルルー、プルー  ガチャ  

「ハロー」

「Hi . This is Kojak, may I speak to Brian ? 」

(こんにちは、コジャックです。ブライアンと話せますか?)

そう、やっぱり、

電話をかけた方が最初に自分の名前を名乗っていた

よく考えてみると、ごく当たり前!なことです。

しかし・・・当たり前なことが当たり前にならないのが
”アフリカ大陸のミステリー・・・・ ”


“いきなりハバリ”の確信犯でもあるケニア人の同僚ウォルター君に聞いてみましたところ
こんな回答が帰ってきました。

「携帯電話だとこちらの番号が向こうに表示されるでしょ。
だから特に名乗らなくても先方は誰がかけているのかわかっていると思うから、
いきなり”ハバリ?”になるんじゃないかな?」


この回答には 「なる程」 と納得。 

(それでも、自分の名前ぐらい最初に名乗った方が、いろいろと間違いとかも起こりにくいと思うのですが)


数日後、

ウォルター君、上司から頼まれて電話をかけています。

プルルー、プルー  ガチャ

「ハバリ?」   

(またいきなりハバリか・・・でも今電話かけた先って、ウォルター知らないはず・・・?)

「ウォルター!かけている先が知らない人でも、いきなりハバリって言ってるじゃないか!」

(事務所からのコールは固定電話同士の通話なので番号も表示されないはず・・・。)

バツ悪そうな表情で頭を掻いて「へへ へっ」と笑います。

ウォルター君を見る限り、

“いきなりハバリ”は ただの癖 というか、
実際に顔を会わせていようが、なかろうが、
最初はハバリと声をかける普段の習慣から来ているようです。

電話を受ける相手は誰だかわからなくて困らないだろうか・・・などと、

あまり深く考えないところが 
アフリカを理解するポイント なのかもしれません。


アフリカの皆さん、

電話のときは改めましょうよ・・・その 



↓ クリック応援 ありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読んでて気が付いたんですが、ひょっとして相手の姿が見えて無いにも関わらず、対面した時と全く同じノリで電話応対しているのかも。
だとしたらその辺の使い分けには全く無頓着なんでしょう。
で、挨拶の言葉って普段余り使わないんでしょうか?!
ちょっと気になりました。

Re: タイトルなし

スタブロフ さん

その通りなんです。
電話も普段も同じという使い方が
いきなりになるんです。
顔が見えていたら、それも普通なんですが・・・

実際に会う時は 皆 「 ハバリ (元気?)」 という挨拶言葉を使います。
プロフィール

コジャック

Author:コジャック
在米14年、在アフリカ7年。
2009年夏に帰国し、
アフリカ人の妻と東京在住。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。