スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘と涙の送金リクエスト

プルルー、プルー (携帯電話の呼びたし音)

「ヘロー」 (当方電話に出る)

「ヘロー サー 、アイ アム サム………」 

サムとは
数ヶ月前に部屋を探していた時に10軒以上見学したうちの
一つのアパートの門番のようです。
大家に引き合わせて案内してくれたやつです。 

一応名乗っているんで、“いきなりハバリ”系ではなさそうです。

結局アパートは別のところに決まってもう住んでいるんで、用はないはず・・・。

そういえば、あの時電話番号を教えてくれとしつこかったんで
ついうい電話番号が入った名刺を渡してしまったんだ(!) と思い出しました。

「違う番号でも書いておきゃよかった・・・」 と大きく後悔。

雰囲気的にも「金を貸してくれ」とかそういったリクエスト以外は
考えられそうにもありません。
かかってきてすぐに、電話は切れました。

通話のお金がなくなったようです。

面倒くさそうなので、こういう時の基本中の基本、完全無視でいくことに決定。

電話の電源を切りたいのはやまやまなのですが・・・
お仕事の関係上携帯はオンにしておかなければならない時間帯。

プルルー、プルー (携帯電話の呼びたし音)
プルルー、プルー

2回なって、止まります。

(イライラ イライラ・・・ )

再び呼び鈴がなります。 プルルー、プルー

急いで取ると「プっ」と切れます。

(イライラ イライラ・・・  イライラ イライラ )

その後何度もかかかってくるワン切りコール・・・。

ああ、うざったい。

こっちがかけ直すつもりはないということがわからんのか!あんたは・・・             

無視していると、

今度はメッセージが送られてきました。

「わたしの友達へ。
先日アパートを案内した警備員のサムです。
実は昨晩兄が交通事故にあって亡くなってしまい、お金が必要です。
友達であるあなたなら助けてくれるだろうと思い連絡しました。
携帯電話でお金が送れるM-PESAというシステムで当方の番号に
3000シル(約4500円)送ってください。
あなたに神からの祝福がありますように・・・。」


「な、何なんだこいつは・・・・。」 

サムには確かに1度だけ、アパート内の空いてる部屋の中を案内してもらいました。
気に入らなかったんでパス。

ただ、ただそれだけの関係・・・です。

知り合いとは言いがたい関係であるにも関わらず、
なぜサム君は私にお金を出して欲しいと言い寄ってくるんでしょうか?

というか出してもらえると思うんでしょうか?

またもや・・・理解し難い感覚に遭遇です。

↓M-PESAというのはケニアの携帯電話会社Safaricomが提供している送金サービス、
  Mobile PESA (お金)の略。
 自分の携帯電話番号を身分証明書で登録すると、携帯電話間でお金を送ったり、
 受けっとたりすることが出来る。
 写真は町のどこにでもあるM-PESAサービス代理店の一つ。

 大概の人が銀行口座というものを持つことが出来ないここアフリカでM-PESAは画期的なサービス。
 手数料100円程度で安全に送金できるんで爆発的な人気を誇る。
 既に庶民の生活に定着しており、M-PESA現象と呼んでもいいくらいです。 
 (銀行口座を持てない人が多いのは700円程度の月毎の銀行口座維持手数料が原因)

縮小 M-pesa
  
警備員サムからの、送金リクエストコール+メール。
うざったいので携帯の受信拒否リストに番号を登録し、
彼からのメール・電話が鳴らないように設定しました。

その後も定期的に 「送金お願い」 メールを受領。

次から次へと親類や兄弟が亡くなったり病気になったりと不幸に逢ったので
お金が入用という内容で送ってくる。

あんたは週に1度は親類に不幸が起こる、不幸の人か!

今回は兄、次は妹といった具合・・・。 よくもまあ、しゃーしゃーと。

(だいたい、そんなに頻繁に親類が怪我したり亡くなることはあり得ん!
 現地の同僚たちに事情を話してメッセージを見せて聞いてみても、
 絶対うそだという確認コメントを全員から受領済)

完全無視を続け4ヶ月、 (そう4ヶ月・・・しつこかったです。) やっと電話来なくなりました!

5円のメッセージ送信代がもったいないと思うようになってくれたのでしょうか?

他に可能性のあるカモでも見つけてくれたのでしょうか?


それにしても、

当方へ送り続けた送金リクエスト(総受領メッセージ数、約20通)

サム君いったいどこまで脈ありと思っていたんでしょうか?
 


アフリカ人のマインド・・・深いところまで理解するには、

当方まだまだ修行が必要なようです・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/fykfivp91qs6

http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=10669
人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?808457


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コジャック

Author:コジャック
在米14年、在アフリカ7年。
2009年夏に帰国し、
アフリカ人の妻と東京在住。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。