スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカの奇病

アフリカと聞いて、まず思い浮かべることの一つとして病気があるかと思います。

ちょっとわけの分からないような、奇病というか、日本では見られることのない、
アフリカ大陸及び熱帯性特有の・・・そんなイメージではないでしょうか。

実際に自分がアフリカへ行くとなると、
気になることとして、治安と共に一番最初に挙げられる事項だと思います。

実際は・・・
言われる通り感染症なんかの病気は当然のごとく多く、
熱帯性の蚊や虫から媒介されて感染するマラリアや、
食物や水が原因の腸チフスやサルモネラ、猛威を振るうエイズの状況・・・
その過激さに度肝を抜かれるエボラ出血熱や原因不明の出血症状から死に至る病気。
 体中にある全ての穴から出血するという、おぞましい・・・・)

昨年のことでしたが
現地の日本大使館から注意喚起を受領しました。
ウガンダを訪問していたヨーロッパ人女性が感染した怖-い病気について。

洞窟の中に居るコウモリの糞から感染したらしいのですが、
数週間後にはエボラ出血熱に似た出血症状となり、死に至ったらしい。
洞窟に入ると空気感染する恐れがあるので、行かないようにとの注意。

恐ろしい限りの内容に「怖いねー」とささやきあっておりました。
こういうのは何年住んでも、ほんとアフリカ大陸って怖いなと思います。

そんなイメージから当方の母親などのように、
「アフリカのように、行くのに予防接種が必要なような場所には行きません」
というポリシーが出来上がってしまっており、
実際ケニアなんかは現在予防接種は要らないのですが、
「アフリカ行きは・・」となるのも無理ないような気もします。

実際住んでいると、ある程度は予防できるものですし、
危険を身近に感じることはあまりないのですが、
原因不明の奇病のケースを記事で読んだり、街でその姿を見かけるなど・・・すると
アフリカの暗黒サイドを垣間見たように感じます。

こちらでよく見かける特徴ある奇病のひとつとして、
「瘤 こぶ」があります。

写真がないのが残念なのですが、
額や頭や手の甲など、様々なところに (特に額付近に瘤のケースが多い)
親指大に突き出た瘤を持っている人を、ここでは頻繁に見かけます。

日本ではほとんど見ることがない、(でも何度か見たことはある)この瘤、
何が原因で何という病気なのか。

スラムなどの衛生状態が悪い地域に行くと持つ人の割合が非常に高くなる印象が強く、
未処理のゴミや下水道なども関係しているようにも感じられます。

この瘤を持った人たちが多くいる場所で飲み食いすることには、
当方どことなく躊躇してしまいます。

以前、仕事場のビルの門番がこの大きな瘤を額の上に持っていたので、
病名を聞いたことがありましたが、
陽性の腫瘍のような物で手術して取り除く必要があるとのことでした。

沿岸地域のモンバサやザンジバル島のような熱帯の場所では、
あるハエに刺されると足が象の足のように巨大になってしまう“象足症”という感染症があると聞きました。新聞に載った象のような足となった患者の写真は衝撃的でした。

熱帯気候特有のものなのか、アフリカ大陸特有なのか、過激な症状の様々な病気・・・

先日のケニアの新聞記事に載っていた、奇病に苦しむ少年の写真も衝撃的でした。 ↓

奇病

この少年、生まれた時に小さな黒い“かさぶた”がお腹にあったそうですが、
医者には「自然に直るので気にする必要はない」と言われたそうです。

しかし“かさぶた”は年とともに大きくなり、8歳になる現在では
写真のように腹部、背部全体を覆うまでになったとのこと。

少年はナイロビ市内のケニアッタ国立病院に8年通っているにも関わらず、
原因が分かっていないらしい。

いったい、どういうことなんでしょう。

アフリカにおける報道の特徴なんですが、
こういう記事が掲載されても、この少年が “その後” どうなったのかという報告記事が
まったくと言っていいほど出ないんです・・・で、分からず終い。
結末が知りたい!と思うのですが・・・。

殺人事件なんかで、その後の犯人逮捕の報告がないのは、
ほぼ大半が逮捕に繋がっていないのが事実 だかららしいんで・・・
それはしょうがない と思うのですが・・・。
(というか、それは十分恐ろしい事実なのではありまするが・・・)

この少年のその後、気になりませんか?



↓ クリック応援、お願いいたします !

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/fykfivp91qs6

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?808457


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: アフリカのこぶ


アイシャさん

こんにちは、はじめまして。

そうですね、当方なんともわかり難いのですが、
アフリカ人に良く見られる、おでことか、頭部分にできるコブは
多くが糖尿病に関係しているということを聞いたことがあります。

http://www.saechika.net/kbk/main1/tounyou/TNB-gappeisyou5.html

その後しばらく、この記事の関連情報が掲載されないか見ていたのですが、
出てくることがなく、この子がその後どうなったかはよくわかっていません。

医者に相談するのが良いかと思いますが、
アフリカで難しいのであれば、彼のその部分の写真と症状を
日本の医師に見てもらうという手もあるかと思います。

良くなることを願っています。
プロフィール

コジャック

Author:コジャック
在米14年、在アフリカ7年。
2009年夏に帰国し、
アフリカ人の妻と東京在住。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。