スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく クワヘリ、アサンテ ケニア 

ということで、コジャック先生帰国です。

この8年間、ケニア、ウガンダ、タンザニア   アサンテ・サ-ナ !! (ありがとう)

また帰ってくるんで、そん時はよろしく !!


次来る時はナイロビ郊外に買った土地に2棟目の建物を自力で建てて、 
パーティースペースにするつもりです。 これがとっても楽しみ!!!

↓ ンゴング・ヒルを望む、ナイロビ郊外の、こんな場所に当方の土地があります。
  (先に見える丘が ンゴング・ヒル)これは1棟目の基礎が出来た時の写真です。
  ンゴング・ヒルを望む場所でコーヒー農園を営んでいた「Out of AFRICA」の
  デンマーク人作家、カレン・ブリクセンのストーリに魅せられて、
  同じようなセッティングの土地を購入しました。
こんな場所

いやー どんな建物作ろうかなあー、 大型バンガローかなー

やっぱンゴング・ヒルが見える露天風呂はマストかなあー  わくわく、わくわく・・・

8年間、いろいろあったけど・・・とにかくビバ・東アフリカって感じです。 

当方に最高のセッティングを与えてくれて、

感謝してます マンボの神様 !!

↓  自作の彫刻 「マンボの神様」  
   守り神として土地に置いてます。
   ローカル・ケニア人は理解に苦しむようですが・・・黒魔術みたいだと。

ほー

ナイロビ郊外のこのスペースに加え、
次回はカジアド州にある絶景地帯と当方が呼んでいる乾燥サバンナ区域に
大きなスペースを確保する予定です。

乾燥サバンナ地帯は茶一色の砂ばかりの世界です。
暑さで陽炎のように揺らめく、かなた先の地平線に、
ぽつんと赤いマントを着た牛を追うマサイの姿。

全ては茶の中で、紅”クレナイ”のようなマサイの赤の点。
その赤がなんと鮮やかに見えることか!!
色のコントラストが成す奇跡のようなこの景色に、いたく感動し
案の定はまってしまった・・・当方でした。

先日アジアであった皆既日食もそうですが、「おお!!」と場の存在感だけで、
癒されたり、やられさせてくれる所って、貴重ですからねー。

さばんな

夜は巨大な焚き火を囲み、燃える炎に見入りながら、サバンナの夜をムフフと・・・楽しみ、
翌日はマサイと一緒に地平線の先目指して”てくてく”歩く 「マサイ・トレッキング」 なんて
ビジョン・クエストっぽいプログラムまで考えてます。 

夢の実現にはまだまだステップが必要ですが、思いは叶うもの!!  
楽しみで仕方ありません。 

さ-て、 久々の わびさびジャパン です。

こうやって遠路はるばる戻るのも、せっかくの機会。

ナイロビ、ドゥバイの道中における しょうもない突っ込みネタに最大限の注意を払い・・・

”旅行だマンボ”、久々のレポートをお送りすることにします。   

乞うご期待!


↓ クリック応援、ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/fykfivp91qs6

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?808457

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title


嬉しいコメント、ありがとうございます!

Out of AFRICA もし時間があったら、ぜひ小説の原本も読んでみてください。
長編なんですが、彼女のケニアでの暮らしが細々と書かれていて
すっごく世界に入ります。

あの時代に女性一人でケニアでコーヒー農園経営って、
現実物凄く過酷な世界だと思うんですが、
白人風にさらりと楽しんでしまうところが、やっぱすごいです。

そのスタイルを現在もナイロビ在住の白人さんたちは受け継いでいて、
彼女の名前からつけられた"カレン"というナイロビ郊外の地域にも多く住まれています。

動物孤児院があるのもカレンです、行かれたかもしれませんね。

1棟目は小さな家なんですが、
現在嫁さんの弟夫婦が荷物の留守番、生垣の生育係(笑)も兼ねて暮らしております。


No title

エー!えー!?
コジャック様、日本へご帰還ですか!!!

ワタシ、まーったく「日本」なイメージをコジャック様には持っていなかったので、
別の星からやってきた・・・・ なとんでもなく面白いことを日本でやらかしてくれそうな
そんな楽しみを持っています。

というか、そんなコラム、書いてみません?
東南アジア発行の書物で・・・。(誘い)

なにはともあれ、お疲れさまです。
帰国後の「ここがへんだよ日本人」コジャック編リポ楽しみにしてますー。

Re: No title


かぁちゃん 様

コメント&お誘いありがとうございます!

帰国して4日目となります。
滞在先のネットへの接続がうまくいっておらず
返答が遅れてすみません。

お誘いありがとうございます!
是非書きたく存じます!
かぁちゃんさんが以前フリーペーパーの事を
書かれた記事、大変興味深く読ませていただいておりました。
当方90年代中盤、ニューヨークにてフリーペーパーに
参加していた他、企業向けの出版物を発行していた
半日系の会社に勤めていたりもしていました。

海外発信の媒体は今後いい意味で”突然変異”する 
可能性があるのでは??と密かに期待しております。
ご連絡お待ちしております。 

ケニアからの帰りの道中+日本に帰国後幾つか ??? な
出来事に遭遇しており、
「モーレツ経済大国日本で見つけたマンボな人々」
といった ここが変だよ日本人的路線で
今後書いていこうかと思っております。

よろしくお願いいたします !
プロフィール

コジャック

Author:コジャック
在米14年、在アフリカ7年。
2009年夏に帰国し、
アフリカ人の妻と東京在住。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。