スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年は、やっぱりタスカ―

新年あけましておめでとうございます。

おかげさまで昨年は7年半のアフリカ生活から無事帰ってきて、
アフリカ人の嫁さんといつの間にか日本の生活に着地しつつあり、とにかく感謝しております。

やってきた当初は暑い暑い日本の夏だったのが、
いつの間にか寒くなり、

「おお、正月がやってきてしまった」 という感じ。

久々に四季の中で生活して思ったのは 

やっぱ回転速いわ・・・ ということです。

北半球の四季がある地域では、

産業なんかの生産活動が盛んになり、

赤道直下なんの常夏の場所では、

どうしてもゆっくりがちなのは、

やはり この気候ってやつが根底の理由としてあるな と今さらながら再認識

乾季と雨季だけの常に暖かい場所と比べると

冬支度とか、いろいろとやることありますし

忙しくならざる を得ないのかなと。

アリとキリギリスのお話のように「四季に暮らす人々と常夏の人々」なんてのが頭に浮かびます。

一方は苦労してコメ作りに励み、

もう一方は庭に年中生っているフルーツを何の苦労もなく・・・

もちろん当方 常夏派!


さて、正月と言えば、酒です!

日本酒なんかは手に入らないアフリカでは正月でもいつもと変わらずビールでした。 

そう、常夏の国の常ビール! (すんません・・・)

この時期、東アフリカは1年で最も暑くなる大乾季の季節。

日照りはチリチリと暑くても、
湿度が低いことから 日陰に入れば快適 なこの世界、好きでした。

なぜなら 乾燥しきった空気の中で飲むビールの味が格別! だからです。

↓ ケニアのメジャーなビールたち。

tusker 001

ざっと紹介していきましょう。

左2本はホワイト・キャップ というブランドで、
ラベルに書かれたケニア山からネーミングが来ています。 (白いキャップ=頂上の雪)

癖のない飲みやすい色の薄いビールで在住日本人からは
ケニアの親父ビールと呼ばれ親しまれています。

真ん中の緑のボトルと右となりが最も有名なブランド、”タスカー”(象の牙)です。

緑のボトルのタスカー・モルツは外見からして
あの ハイネケンを意識 しているのか、
なんとなくそれに近い味がします。

そしてその隣の
茶色のボトルに黄色、白、黒のラベルでTUSKERと書かれたタスカ―ビール。
東アフリカ産ビールの大御所と言ってもいいでしょう。

ホワイトキャップよりは少し癖があるんですが、
さすがは大御所。
癖がいい味を出していて、飽きがきません。

ケニアに来た日本人の皆様も大概がタスカーファンになって帰っていきます。

最後は右端のピルスナー。

ビールの本場チェコスロバキアのピルスナ―から来ていると思うんですが、
既に立派なケニアビールの一つ。

タスカー、ホワイトキャップと比べると、
少し人気が落ち気味なような気もするのですが、
「ビールはピルスナ― 一筋!」 という人が多くいることも確かで、
根強いファンに支えられているようです。
癖の強さはホワイトキャップとタスカーの間くらいでしょうか。

どこに行っても美味しいお酒やビールがあるんで、

常夏派の当方はついつい飲み過ぎてしまうのですが、

この前受けた健康診断では、

ケニア人の金持ちによく見られるニャマチョマ(焼肉)+ビールによる習慣病とも言われる  「 痛風 」 に近い尿酸値が出て、

医者にはっきりと 「これはビールでしょうね」 と言われ、へこみ気味です。

飲み過ぎには注意ですかね・・・


↓ 今年もクリック応援お世話になります!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コジャック

Author:コジャック
在米14年、在アフリカ7年。
2009年夏に帰国し、
アフリカ人の妻と東京在住。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。