スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレで聞く音に ふと思う

大分ご無沙汰しちまいました・・・

待ってた人 ごめーん!

お詫びのしるしに、今回も、 やっぱり面白い シモネタ系 


トイレに入っている時に聞く音ってありますよね。

となりの個室でガサゴソする音とか、

そういう趣味はないのですが、入りながら

「 ああ、今 紙で拭いているな、そろそろ流すだろう 」 とか

どこかこう、聞こえてくる音から状況を想像 してしまいませんか?

隣からカランコロン♪、カランコロン♪と紙をロールから取り出す音がするなー

と思っていると 

カランコロン♪、カランコロン♪ ・・・
カランコロン♪、カランコロン♪カランコロン♪、カランコロン♪カランコロン♪、カランコロン♪・・・

えー??!!! 休まることなく 5分ほど続き

「 ロール全部いくか ?! 」 と思わず絶句したこともありました。


日本では、オフィスの共用トイレですとか、駅ビルのトイレですとか

比較的よく他人の音がよく聞こえてくるような気がします。

距離が近い、響きやすいというのもあるのでしょうか。

そして、日本と言えば 世界No.1のレベルの技術を持つ国。

裏技 とも呼べる、トイレにおける先進的な  があるのです。

それは

コンニチワの最中に 
さっと後ろに位置する水洗レバーを手で押して
じゃーと流してコンニチワ音をもみ消す技 


「忍法 音消しの術」!

忍者

聞いているわけではないのですが、

男子トイレと女子トイレが隣り合わせという

形に位置していた以前の職場では

話す声や水を流す音は結構聞こえてきました。

時々、連続的に じゃー じゃー じゃー じゃー じゃー と絶える間もなく、

7回近く(!) も流している人がいて

これは、もう明らかに 「忍法 音消しの術」 だな と想像してしまうわけなのです。

しかし、

これだけの人数の人たちが毎日1回、多い時には2-3回使用する度に
7回も 水を流していたら、
これはもう 物凄い量の水を使用しているのでは? 

後日・・・

心配していた通り、

「ビルの水が無くなってしまい、ご迷惑をおかけしています。どうか節水にご協力下さい」


水が止まったこと数回。

でも、ここは日本、 アイディアの国、 
「 ふふふ、 音消しの術の存在など既に見破っておるわい・・・ (時代劇風) 」

あるビルで用を足していた時のこと

 ------檜のトイレ------ 
ここのトイレでは檜の香りを楽しんでいただくと共に
滝の音を流すこと森林の気分を味わっていただけるようにしました 
 

という看板を掲げたトイレに遭遇。

おお、「忍法 音消しの術」 を使わなくても済むようにしているではないか!
うちの事務所のビルも こうすりゃいいのに・・

その後も駅ビルのトイレや、高層ビルのトイレでも
音を流している場所を見つけたので、
音付きトイレ はそれなりに普及している模様。

しかしこの音量、激しい音 をもみ消すにはちと音量が足りないのでは・・・

そこで提案。

「忍法 音消しの術」 による水の浪費を防ぐためにも

音響装置を個室毎に備えてはどうでしょうか?

トイレに座ると、眼の前には 押して音楽が選べる4種のボタン押しボタン


1.クラシック

2.ポップス

3.テクノ&ソウル

4.ヘビーメタル


ボリュームノブ なんかも取り付けてみては いかがでしょうか。

トイレに入ってみると、

ガンガンのヘビーメタル  が奥の方の2つの個室からフルボリュームで流れていると

ヘビメタ

少々トイレに入りにくい・・・
と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、

それもこれも節水の為。

「うーむ、部長 今日もヘビメタか・・・それもフルボリューム。今日は素直に言うことを聞いていた方が良さそうだ」

新しいスタイルの働き方の提案。


ちなみにコンニチワ音をもみ消すには

重低音が響くテクノ・ハウス系の音よりも

高音が強いヘビーメタルやポップスなどの音楽の方が

より効果的 なような気がします。





↓ クリック応援ありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


特許案件 「 どこでも水道 」

「 忘れてしまいそうなフィーリング 」 にて、

屋外トイレでの コツ の話しをしました。
 
グル―ン と円を描くように、 グラインド !

日本で生まれた現代人が、

忘れかけていた、プリミティブなフィーリング!!


実は・・・ まだもう一つ お楽しみ が あるのです。


屋外トイレで用を済ませたら、

現代人として、次に思うことと言えば、手を洗うこと  でしょうか。

( 「いや、私は手は洗わない」 と答えた あなた。 大変、プリミティブです )

しかし、

アフリカの屋外トイレには水なんてもんはない!! (きっぱり)

先進国の小奇麗な山小屋などでは、水が来ていなかったりすると、

山小屋

雨水をタンクにためて、手洗いに使えるようにするなど、

「 ほー 」 と言ってしまうような、

工夫があったりするもんですが、

そんなもの・・・

そんなものはアフリカにはない ! (再び、きっぱり)

水などない!


工夫だとか、アイディアだとか、期待をしてはいけません。

そう、彼等いわく 

「お金がないから出来ない。ミスター、そのお金を出してくれないか。」

ということらしいので、

ますます期待、というか 話題にしてはいけない  のです。

でも・・・

やっぱり手は洗いたい

だって屋外トイレの後は、

ほこりなのか、土なのか、

時には起こってほしくないと切実に願う、

これは ○○○? と疑いをかけたくなるような不気味な欠片・・・

「 うあー ああああ!! 」 


そこで浮かんだ、アフリカ生活の知恵 (地方出張多い人編) 

「 どこでも水道! 」 
(マンボ・アフリカ特許申請企画案件 英語名: Always Faucet

実施方法:

1.屋外トイレから帰ってきたら、 (トイレに行く前に予めバッグの中から出しておく等、準備しておくとGOOD)
  自分が今まで飲んでいたミネラルウオーターを手にとり、ふたを開けます。
  「他の人に開けてもらわないと、汚い手でボトルのふたを触ることになるのでは?」 と感じた あなた
  現代人度が高い 証拠です。
 
2.水を口にいっぱいに含み、そのまま飲み込まず、口いっぱいの状態でとめておきます。

口いっぱい


3.両手を目の前に差出し、そこに口から少しづつ水道のように
  チョロチョロと水を流します。

手洗い

4.予め用意しておいた石鹸を手につけ、
  水をちょと含ませ泡だてます。

5.再び口からのチョロチョロ水道で手についた石鹸を洗い流します。

手洗い完了!

口一杯に含ませた量の水が1回に使える水の量なので、(石鹸だらけの状態でミネラルウオーターを掴みたくない)

チョロチョロと少量の水を流すこと、

もしくは上の兄ちゃんのように口を一杯に広げて 多量の水を含ませること、 
がコツ。 



ケニア人の運転手、 「お前、頭いいなー」と感心してはいましたが、

決して、同じことをしようとはしませんでした。




↓ クリック応援ありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


東京で感じた自然

東京 と言えば、

華やかなネオンの光、

ネオン町


無機質に でん と構えるビル、

ビル


コンクリートの床、壁、天井からなる建物、道路と

人工的な構造物に囲まれた都会の世界というイメージがあります。 

東京

つい先日のこと、そんな東京(都下)にある我が家で、

大自然を感じる機会があったのでご紹介。


夜中の2時過ぎ。

数週間続いた猛暑が収まり、久々の涼しい夜。

あたりは寝静まって、物音ひとつしません。

熱帯夜からやっと解放され、今晩は皆さん熟睡しているのでしょうか。

隣の人が 「ガラガラ」 と窓を開けると、

その音がやけに大きく響いて聞こえてくる、そんな静けさです。


夜の住宅街


そんな中、あたり一面から聞こえてきたのは、

虫の大合唱  

「うわ、これは凄い!」

急いで家の窓全てを開けると、どちらの方角からも 

チーチ♪  チーチーチ♪    チーチ ♪ チーチーチ チーチ♪  チーチーチ♪   
チーチ チーチーチ♪   チーチ チーチーチ♪   チーチ チーチーチ ♪  

まるで 虫の鳴き声の海 の中に自分の家が包み込まれているかのような

凄い数 の音です。

チーチ チーチーチ♪ チーチ チーチーチ♪ 
チーチ♪  チーチーチ♪    
チーチ ♪ チーチーチ チーチ♪  チーチーチ♪ 

乾燥しているからなのか、アフリカに居て、

これほど多くの虫の声の鳴き声を聞いたことは、一度もなかったです。

自然しかないような場所に行っても、 (降ってくるような星空にはいつも感動させられていましたが)

夜、聞こえてくる虫の音は、この半分以下ぐらいの音だったように記憶しています。

ここまでの大合唱は、後にも先にも この夜だけ だったのですが、

年に一度のマジック かのようでした。


ちなみに、ナイロビ市内のアパートの部屋から聞こえていた虫の鳴き声は、

チーチー チ♪  チーチー チ♪  と 

だいたい 3匹以上10匹以下

干ばつが続くと、虫の声が1日1日と減っていき、

2カ月以上も全く雨が降らなかった時など、

そのうち1匹の チー♪ だけとなり、

しばらくすると、1匹残った鳴き声も、いよいよなくなり、無音の夜が続いていました。

ベッドで耳をすませながら

「雨降ってないし、虫もいなくなったか」 と思ったものです。


それに比べ、さすがは水が豊富なアジアに属する日本。

たくさんの雨がここで暮らす生命を活発に育んでいる感があります。


↓ この夏、我が家で嫁さんが見つけ 「毒虫がいる!」 と騒いだ虫。
 
  ハイパーな形と鮮やかな色。
  確かにアフリカでこいつを見たら、毒持ってると思わせるような様相。
 
  「東京亜熱帯化」が進むと、こういう虫が巨大化して・・・

虫


川べりに生えてる雑草なんかも、雨が降り始めると凄い勢いで増殖していって、

またたく間にあたりは一面の緑になってるし、

その増殖のスピードがアフリカとはケタが違うという印象で、

「 もしかして日本やアジアがアフリカより発展している根因は、

 この豊富な雨から来る自然のパワーなのでは・・・ 」 


なんて半分本気で思ったりしています。



東京で感じる自然。

何とも 風情 があっていいもんです。

ただし、 

こうして 涼しくなって過ごしやすくなったら という

条件付き  ですが・・・。




↓ クリック応援、いつもありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ







今日は聞けてます!


本日は 感度良好。

聞けています ケニアのラジオ ! 



idhaah.jpg


ったく・・・聞けたり、聞けなかったり、

ほんとケニアっぽい・・・


アフリカに暮らしてみて、こういうのには大分忍耐強くなりました。

ダメな時は、とりあえず一度忘れる ことですかね。 

少しして思いだすと、何事もなかったかのように復帰 していますから・・・

問題を追求してはダメです、原因の説明を求めたり・・・疲れさせられるだけです。

This is AFRICA !  許容の精神 が大切です。





クリック応援 ↓ ありがとう!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



ネットラジオで気分はマンボ♪

連休だというのに、

またまた切羽詰まっている 当方。

そんなで、ブログの更新までなかなか行きついていなかった、この頃です。

といいつつ、ケニアのラジオをネットで見つけて  ←こういうことをしているから切羽詰まる

よし、 ON !

マンボ~ ♪ 二ナペンダ~ サーサー 
モンバサ― あ あ!! ♪ 
クワニー二 ♪ ビビ ? ハクーナ!♪ マタータ!!
  

(当方、スワヒリ語初級です・・・念のため)

何とも懐かしい音色が流れてくるではないですか!!

ケニアの主要メディアの一つ  KBC = Kenya Broadcasting Corporation  のラジオ放送。

ネットで聞けるんですね! ジャンボ サーナ が!!

ページ左部分にある黄色のボタン 「 KBC Radio Live」 ボタンを押すと、聞けるのですが

今日はなぜか上のバナーの分が聞けない・・・!

下の MetroFM は聞けるのですが、音がなぜか小さい・・・

Metro FM はちょっと都会的なんで、当方的には上のがお薦めなんですが・・・

こういうのって、 さすがケニア!

「しょうがない・・・昨日は聞けたから、日を改めてトライするか・・・」


って、もう既にケニアのペースにはめられてる自分がいるし・・・


いやー、それにしても懐かしい。

向こうでは、

「 なんでケニアのラジオは

 子供の頃に聞いた小さなラジオの音みたいな、こもった音がするんだろう? 」


といつも思ったものですが、日本で聞いてみると、そのモノクロっぽい音がシブいこと!!

kenya radio

そして、この KBCのバナー。 

ここに出ている4人の人たちは・・・

まさに ケニア社会の縮図 ではないか !

良く考えたぞ! キジャーナ (若いの) ← このバナーを作ったケニア人に言っている

とりあえず、登場人物の背景 でも想像して楽しんでみましょうか。

まずは、

上部左のお姉さん:

ナイロビ等の大都市で比較的裕福な環境で暮らす
綺麗どころのアッパークラス ケニア人といったところでしょうか。
腕を組んでの斜め気味の姿勢が、彼女の高貴さを表しています。

上部真ん中のスーツを着た男性:

お姉さんと同じく、都市部に棲息するビジネスマンタイプといったところ。
ここはもちろん、 爽快スマイル! です。

そして③上部右側のマサイ!!

このギャップがいい!! これぞケニア。

この人は マサイ族? サンブル族?

思いっきり伝統的な生活を送る、荒野で毎日牛とかを追っているタイプでしょうね。

9割方は電気のない生活をしているんで、彼、ラジオは絶対に 電池 で聞いています。

多いんです、ケニアには、
アスカリ と呼ばれる警備員など (”あかすり”ではありません)
外にいる仕事をしている電池ラジオ派の人たち。

電池って結構高いんですけど、ずーっと聞いてますね、

スピーカーが割れるレベルの爆音で。

それでちゃんと警備しているかと言えば、皆さん椅子に深く腰掛け、毎晩、超熟睡 

夜中に 「何の音だろう?」 と目を覚ますと、アスカリ君の いびき だったってこと・・・ありました。

④ 下部に映る初老の帽子のおじさんと子供  は

ケニア郊外に暮らす一般的なケニア人を象徴しているように見えます。
おじさんはきっとファーマーでしょうね。

違った環境で暮らす、様々なケニア人。

みんな KBC を聞いてますよ ! というメッセージを伝えているのでしょう。

こもった音質のラジオを久しぶりに聞いていると、

ナイロビのレストランにでも居るような錯覚さえ覚えます。

「また今日もウガリか・・」 といった感じです。  

              ウガリ
              山盛りのウガリ。 奥の破片はティラピア(魚)のフライ


ミディアムテンポが延々と続く ルンバ音楽  (最高!!)

どこか間が抜けたDJ、( へへへッ って笑い方が非常にだらしないぞケニア人DJ!)

1時間毎に時報代わりに流される、さびたラッパのような音が特徴的なケニアの国家。

聞いてると、草むらの上にごろんと横になって、何もしたくなってきます。 

タスカ―ビール 持って来い! ポンべ バリディー!(冷たいビール)だ!!

え? 今日はヤギのソーセージがあるって?  持ってこい!! 


あ・・・

いかん!! 切羽詰まってるんだった・・・


↓ クリック応援ありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



プロフィール

コジャック

Author:コジャック
在米14年、在アフリカ7年。
2009年夏に帰国し、
アフリカ人の妻と東京在住。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。