スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ人の耳かき

大変ご無沙汰してしまいました。

新年あけましておめでとうございます。

早いもので、このブログを初めて2年が経ちました。 

訪問いただいている皆さま、コメントを戴いている皆さま

いつもありがとうございます!

今年もよろしくお願いします!


などとと言いながらも、12月はほとんど更新することが出来ず、たったの3回・・・

待ってた皆さま、ほんと、ごめんなさい!! 


さて、今回は アフリカの耳かき について。

当方と一緒に暮らすようになって

既に7年近くになる、当家のケニア人マンボ姉さん。

すっかり、麺棒 と 日本の耳かき が手放せない状態。

耳かき


耳かきって日本人のわれわれにはかなり身近な日用品ですが、

アメリカにもなかったし、

(かろうじて麺棒の反対側に小さな耳かきつきのものあり)

アフリカでも見たことがありませんでした。

耳アカに関して、こんな記事を見つけました。

―耳アカの科学―

ネバネバか、カサカサか、耳あかのタイプは、ある遺伝子の塩基配列のたった一つの違いで決まることが、新川詔夫(にいかわ・のりお)・長崎大大学院医歯薬学総合研究科教授らの研究で分かった。この遺伝子は、薬剤の代謝や排出と関係しており、将来、耳あかの型が、薬の効果や副作用を予測する一指標になるかもしれないという。29日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版に発表した。

 チームは、大学の関係者ら126人の協力で、耳あかとDNAの違いを比較分析した。「カサカサ型」の88人は1人を除き、「ABCC11」という遺伝子の塩基配列の特定の場所が「A(アデニン)」だった。一方、「ネバネバ型」の38人は、そこが「G(グアニン)」だった。この遺伝子は、薬剤の代謝と関連があると知られており、どんな薬と関係が深いのか、研究を進める。また、遺伝子が特定できたことで、耳あかの「ネバネバ型」と深い関係が知られている腋臭(えきしゅう)症の研究も進みそうだ。

 耳あかの型は民族による違いが大きく、日本などアジアでは8~9割が「カサカサ型」で、欧州やアフリカでは9割以上が「ネバネバ型」だ。

2006年 1月30日 朝日新聞
****************************


「ネバネバ型」であるという理由から、きっと欧米の耳かきの主流は綿棒なんですね。

では、同じくネバネバ型のアフリカ人の人って、何を使って耳かきしてるんでしょう?

綿棒の代わりに 棒?  いや、何を失礼な!!そんな原始的なものは・・・

と言いたいところですが、

最もポピュラーな耳かき法は これ

耳1 (耳たぶではなく、耳のもっと上部分を持つようですが)


耳を手で引っ張って左右上下に揺さぶる というもの。

東アフリカの国々で、この動作をしている人を見かけたら、

それは 耳かきをしている のです。

あと、口に空気を入れて膨らまし、グチュグチュさせて耳奥に刺激を与える とか・・・ 

びっくりするような方法も聞きました、です。

それが昔からの アフリカでの耳かき らしいのです。

確かに 耳 掻き・・・ いや、 耳 揺らし の方が適当か?

まあ、最近はアフリカでも綿棒が最もポピュラーになってきてはいるらしいですが・・・。


耳かきなんて、人それぞれの方法で行えば、いいとは思いつつも、

確実に言えることは、この方法、かゆみを和らげる効果はあったとしても、

耳は掃除されてはいない ということ。

= そのうちまた同じようにかゆくなる。

行動が問題解決に直結しない、何ともアフリカらしい習慣だなーと感心した次第です。


世の中、結果が全てではない  ということですかねー







↓ クリック応援ありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タバコをくわえたオバマ大統領

ケニア人の父親を持つ オバマ大統領 

実は大統領に当選する直前までスモーカーだったとか。


obama 1


それにしてもこの顔写真、 何かが 怖い・・・

大統領というより、ゴッドファーザーに出てくる

シカゴマフィアの用心棒 といった趣き。

タバコをくわえ、

なんか、目つきまでも変に座った感じ・・・ に見えるのは、 気のせい?


「 Hey・・ stop f○○king around・・ I said " YES WE CAN "!! 」

(おい・・ふざけてんじゃねえ・・ YES WE CAN って言っただろ !!)



そんなセリフが 低くドスの効いた声 で聞こえてきそうです。





↓ クリック応援ありがとう!!



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ






アフリカの強盗

前回お伝えした、嫁の弟J君宅 (コジャック宅)での強盗事案。

J君からの情報では、その後も近所の家屋が数件、

同じ賊だと思われる強盗団に押し入られたとのこと。

緊急事態に伴い、マンボハウスのセキュリティー強化を実施中。


ちょうどいい機会なので

今回は、治安がめっぽう悪いといわれる

ナイロビの犯罪事情についてお話ししましょう。

nairobi_8.jpg
↑ 町の中心街にあるお店はどこもこういった鉄格子で厳重に囲まれています


強盗、スリ、詐欺、カージャック、とにかく様々な犯罪が乱発するナイロビ。

あまりの治安の悪さに、ケニアの日本大使館から

ナイロビに在住する日本人の一部に対して 携帯無線機 が貸与されていて、

大使館警備が流す治安情報が聞けるのですが、

その内容が何とも おっかなくて  、びっくり仰天もの。

事件が比較的多い日の無線放送はこんな具合。

11:25 カージャック発生、カージャック発生 場所はンゴングロード、ハイパーウチュミ付近
    車はトヨタのハイエース、白、KAU 596 A (ナンバープレートの番号)
    繰り返します カージャック発生 トヨタのハイエース、白、KAU 596 A
    犯人は3名、車を乗っ取り、現在タウン方面に向かっている模様
    危険ですので、この車を見かけたら絶対に近寄らないでください

12:40 先ほどのカージャックされた車 トヨタのハイエース、白、KAU 596 A
    ジェームスギチュールロードとワイヤキウェイの交差点の検問にて
    警察が発見、銃撃戦 になっているとの情報
   大変危険ですので、このエリアには近寄らないでください。

13:10 カージャックの銃撃戦にて警察が犯人2名を射殺 、1名は徒歩で現場から逃亡
    引き続きこのエリアには近づかないようにしてください。

17:45 ワイヤキウェイのニャヨスタジアム付近にて、渋滞で動けない車を狙った
    強盗事案が発生。 犯人は2名、拳銃らしきものを所持している模様
    2台の車から金品を奪い、現在も付近で強盗を続けている模様
    犯人に接近された場合は、絶対に抵抗せず、言われた物は全て手渡してください

迫力満点 のナマ情報。

ケニアでは、強盗やカージャックなどの凶悪犯罪の場合、
逮捕とか、そういう悠長なことはせず、
とにかく射殺して解決

大概の犯人が銃を所持しているので危ないということもあるのでしょうが、

「警官は犯罪を見た際には発砲してよい」 という法律があるらしいのです。

ポリスマンは、とにかく、撃つべし、撃つべし、 撃つべし! 

で、犯人も警官を殺してでも、その場を逃げきろうと、

撃つべし、撃つべし、 撃つべし!  派手に攻撃。

そんな背景から、犯人発見の際に必ずと言っていい程起こる 銃撃戦・・・

流れ弾に当たって 一般市民が巻き添えを食うというケースが非常に多いと聞きます。

そして、もうひとつ特徴的なのが、

アフリカの強盗は、被害者に屈辱感を味あわせる為に
着ている服を奪い、すっ裸にして置き去り にするということ。

はだか祭1

トラウマになりそう・・・ 。

以前話題になった、外国人が狙われた カージャック事案 がありました。

イギリスからの団体観光客を載せた車が、夜間、空港から町まで向かう途中カージャックに遭い、

車は奪われ、皆さん素っ裸にされ、ハイウェイに置き去られたのです。

危険なケニアのイメージが強烈に印象づけられました。

それからしばらく、ヨーロッパからの観光客は激減。


ケニアの路上で素っ裸の人を見かけたら、

それは 変質者 ではなく、強盗に遭った 被害者 なのです。

しかし、 

こういうことも、簡単に信用してはいけません。

ある晩のこと。

仕事の接待の後、深夜2時ぐらいだったでしょうか、

帰宅する為車を走らせ、ナイロビ市内中心部を通りぬけた時、

ナイロビ夜の道

大通りの信号付近で、素っ裸の黒人男性 に遭遇。

路上で見る裸の黒人男というのは・・・

何だか もの凄いインパクト 。

・・・ん? 強盗の被害者か?

こちらへ手を振って、車を止めてほしいようなジェスチャーをしてきます・・・

怪我はしていないように見えますが、何だか怪しいし・・・関わりたくない。

うーむ、これはいけないことなのだろうか・・・ と悩みながらも

ここは場所的にも町のど真ん中で、他にも車は走っていることだし・・と、

自分の身の安全を考え、悪いけど無視

もしほんとだったらゴメンナサイ って感じだったのですが、

危ない橋は渡らないのが一番



翌日職場で同僚のケニア人に話してみたところ、

やはり当方の判断は正しかった!!

ここのところ、裸になって公道をうろつき、強盗被害者のカモフラージュをして強盗をはたらくという事案が

何件か発生しているんだとか! (それだったかどうかは分からないのですが・・)


くーっ!  まったく油断も隙もありゃしない・・・

ナイロビの犯罪事情でした。





↓ クリック応援ありがとう!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

大変なる送金の大変なる結末

以前お話した  大変なる送金 最終回

その後、どうなったのか?

報告、遅くなりました。

というのも 実はショッキングな出来事 が・・・

あれからのこと。

銀行を通じての送金手続きは、 やはり上手くいかず (ケニアの銀行、わけわからなすぎ・・・)

結局J君が言っていた ウェスタンユニオン というシステムで現金をJ君宛てに送り、無事完了。 

ウェスタンユニオンは銀行口座を使用することなく、

日本だと travelex という外国通貨の両替とか、
トラベラーズチェックの発行とかをしている場所から、現金を送るシステム。

受け取り手は向こうの国のウエスタンユニオンに行って

パスポートや身分証明書を提示するだけで受取りが可能。

送金手数料も額によって変化するのですが

銀行のそれよりも少し低いくらい。

発展途上国相手の送金で相手が銀行口座を持っていなかったり、

銀行に不慣れな場合は、このシステムお薦めです。(よく知っている相手じゃないと多少怖いというのはありますが)

とにかく、無事送金完了ということで ほっ としていた矢先のこと。

「Jの家に強盗が入った~!」 という電話が嫁に。

強盗2


J君は仕事で家を空けていて不在だったらしいのですが、

J君の嫁と生まれたばかりの赤ん坊が自宅に居る中、

強盗団は敷地を囲っているフェンスを切って、

ドアを壊して侵入 
 してきたとか・・・

しかし、石造りの家に鉄ドアだったというのに

ンゴング家  ← マンボハウス入口
                                                   この鉄ドアを壊して侵入してきた

どうやって壊すんだ? と思ったのですが、

重量のある石を使って、2人でドアを叩き押すような形で、まず一部破壊して隙間を作り、

その隙間にバールを入れられ、こじ開けられたんだとか・・・・

J君の嫁さん、さぞ、おっかない思いをしたことかと・・・


翌日J君から受信したメールを、以下貼りつけ。

I hope you are all doing ok.We had a terrible night, robbers came to the house and I was not around, they cut the fence which led them in, destroyed the door and entered the house.They threated my wife and were asking where I was and even mentioned large sum of money.They opened some of the cartons and boxes but we dont know what they took from there.They took all the money we had in the house and even he phone and my Tv, speaker,Dvd player and gas cylinder.Then went to the neighbour took all the electronics in her house,money and their phones they even cut her son's hand with a panga. They were armed with dangerous things. We are living in fear,lets just hope they wont come

J君の嫁さんは、怪我等なかったのですが、家にあったお金は全て盗られたとのこと。(当方が送金した金も半分以上はパー)

J君宅での仕事を終えた強盗団は、今度は隣の家に入り込み、 (写真右後ろ部分に見えている薄緑色の屋根の家)

そこでは、少々抵抗したらしいオーナーの息子が 
パンガ (アフリカのなた)で手を切りつけられ 大けがをしたとか・・・

パンガ ← パンガ
こ、怖えーよー 
  っていうか、J君が暮らす家というのは、

われわれが今後の拠点として使えるよう購入した土地に、ほぼ手造りで建てた

使用人用の家、サーバント・クォターなんですが・・・・ 

危険極まりない・・・・
こんなんじゃあ、す、住めないではないか! (我々はまだ実際に住んだことはありません)

昨今の世界不況の波は確実にケニアにも押し寄せてきており、

もともと治安が悪いこの国では

強盗、窃盗、カージャック等の凶悪犯罪が、またまた多発している模様。

この近所に住む、外国人は3名。 ドイツ人1名、イギリス人1名、中国人1名。

ケニア人よりも裕福に見えることから、

強盗のターゲットになりやすいと言われる外国人

昨今の治安の悪化に、皆さま頭を悩ませています。

ドイツ人のマニュエル君は当方と年齢も近く、何度か家に遊びに行ったこともあるのですが

少しオーバーなのでは・・・とも思える過剰な防犯対策は脱帽もの。 さすがは几帳面なドイツ人。

3階ぐらいの高さの屈強な石壁で敷地をぐるりと囲み、

警備員は 毒矢の名人であるというマサイ族の戦士 を2名雇い

敷地の真ん中には、見張り台タワーが そびえ立ち、

マサイの戦士はそこに待機しながら、常に周囲へ目を光らせています。

怪しい人物が近づいた際には

シュッ!! と 見張り台タワーから恐怖の毒矢が飛んできます。 

毒は1分で体に回り、意識不明になるとか。

当方的には、その毒矢で倒れた強盗を、その後どう始末するのか?と気になったので聞いたところ

「 殺す・・・」 とのマサイ戦士さんの回答。

例えば、間違えて強盗ではない人に毒矢をあててしまったら? という質問には

「 間違えることはない・・・ 」との何とも信用ならない回答。

J君は、このドイツ人の敷地には夜間はなるべく近寄らないらしいです。
「毒矢が飛んできそうなので・・・」

そんな、今は戦国時代か? と思えるような警備体制ですが、

でも、これぐらいやっとかねばいけないのが、アフリカの治安事情。

当方が、ここに住む際には、これにも負けない厳重なる体制をしくつもり。

日本人オーナーなので、やっぱりここは 忍術 でしょうかね! ← またかよ!

手裏剣や鎖鉄玉や毒ガスの技 を警備員に習得させ、

番犬なんて生温い
 ことは言わず、

番ハイエナ、番ヒヒ、番ゴリラ なんてのも考慮中。 (間違って主人を攻撃してこないように・・・)

母屋を建てる際には、 落とし穴や、からくり窓、どんでん返し などのトリックを混ぜ込み、

現役で使用されている 唯一の伊賀流忍者屋敷!となるのです。

狂犬?

それでも、侵入された際には、それはもうしょうがない・・・・

最後の手段 忍法 態度急変の術

へえ・・・強盗の旦那 と 揉み手スタイルで両手をすりすり しながら

強盗団のリーダーと思われる人物を上目づかいにちらちら見て、 

(高圧的な印象を与えないよう、決して凝視してはいけません)

「 強盗さん、欲しいものは何でも言ってくだされ・・・ (なぜか江戸の商人風)

  え? あのステレオ? へい!わかりやした、  え、金庫も? へえ! おやすい御用で!
    
 ほら持ってこんか J! 強盗さん 欲しいと言われとるぞ!」



と興奮させることは避け、言うこと聞いて、命だけは、 助けてもらう攻略・・・



とにかく怖ーい アフリカの現実  なのです。


↓ クリック応援ありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

小用時の屈辱

ナイロビのとあるバーのトイレ。


繧ア繝九い縺ョ繝医う繝ャ・狙convert_20090328050415


思い出すのが、アフリカ人って、隣どうしになると

外国人に見られるのが恥ずかしいのか

「そこまでして、隠すことないだろう」


という位 かなりオーバーに 自分の放水現場を隠すのです。

「それ・・・お前、完全に跳ね返って服に飛んでるだろう」 と言いたくなるような

超不自然に 便器全体を覆い隠す 
チキンが大事に便器という名の卵を温めている かのようなポーズ。

「 わからん・・・ 」

アフリカ人の皆さんは きっと

かなり立派なもの をお持ちかと思うのですが、

とっても恥ずかしがるのです。


ある日、

ディスコ風のバーで飲んでいて、小水をしていた時のこと。

大柄の屈強なバウンサー風のおっさんが当方の隣に立ち、小水開始。

さすがは屈強な男、堂々としており、隠すそぶりは全くなし。

ほー と感心していると、おっさん、隣に立つ外国人の存在に気が付き、

「お、中国人か?」 という表情で当方の方を見て、 次におもむろに視線を下げ、

当方が握る手の先に 目を向けたかと思うと、そのままじーっと視線を定め、

ハハハハ、ハ! と笑い始めるではないですか!

「 何だ ? !」 と かなり ムッ として 仕返しとばかりに

バウンサー風おっさん男の手に握られたものを見てみる当方。

WOW!  ダイナマイト! グレート アフリカ・・・ 

同じ・・・ひ・・・人とは思えん・・・

視線を再び自分のに戻し、

「笑われてもしょうがないか・・・」  ひゅー と吹いた寒い風・・・・

それにしても 

「 笑うんじゃない ! 俺だって真面目に生きてんだ!」

わけのわからない言い訳と共に、

「こんなの不公平だ!」 とアフリカの神様に向かって抗議 (やはりここはジーザスです)

悲しい気分・・・に    

後ほど、

バウンサー風おっさん、当方の姿をバーで見つけ、

ooootoko 2


「 オオ 、チャイニーズ !」
 と呼び、 (だからチャイニーズじゃないってーの!!)

隣にやって来て、

笑われても決して隠すことをしなかった 当方の男気 に惚れたのか  
(ただ受けただけ・・・)
ビールをおごってくれました。 
(ケニア人にビールをおごってもらった数少ない4回ぐらいの経験のうちの1回がこの時でした) 

そしてまた、何を思い出したのか、再び当方の方を見て ハハハハ、ハ!

うーーー   アフリカなんて・・・嫌いだ!



↓ クリック応援ありがとう!


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

コジャック

Author:コジャック
在米14年、在アフリカ7年。
2009年夏に帰国し、
アフリカ人の妻と東京在住。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。